291
   2020年5月9日放送
 

【ガンバ大阪】遠藤保仁(40) プロ23年目!貫いてきたYatto Style

遠藤 保仁(えんどう やすひと)YATTO

✩1980年1月28日生まれ(40歳)
✩鹿児島県桜島町(現鹿児島市)出身 
✩三人兄弟の三男(次兄・彰弘氏は元Jリーガー)
✩鹿児島実業高校~横浜フリューゲルス(98年)~京都パープルサンガ(99年)~
ガンバ大阪(01年~) プロ23年目
✩ポジション:ミッドフィルダー
✩身長/体重:178cm/75kg
✩J1出場:631試合(歴代最多タイ)
✩日本代表:152試合出場(歴代最多)
✩W杯代表:2006年ドイツ大会 2010年南アフリカ大会 2014年ブラジル大会 
✩公式戦:1014試合出場(歴代最多)
✩愛称:ヤット
✩家族:妻、二男二女

J1最多出場の鉄人がこだわるのは「サッカーを楽しむ」

    

コロナ禍で中断を余儀なくされているJリーグ。
中断前の2月23日に行われたリーグ開幕戦で楢崎正剛氏と並ぶJ1最多となる631試合出場を果たしたガンバ大阪のレジェンド遠藤保仁選手。
今年1月に40歳を迎えた遠藤選手はJ1の他に日本代表でも歴代最多の152試合出場、
さらに公式戦通算(クラブ・代表)では前人未到の1014試合に出場している超鉄人です。
移り変わりの激しいサッカー界においてこの数字は、様々な監督に重宝され常にチームの中心にいた証。
そんな遠藤選手にチームが活動停止直前の3月27日、パナソニックスタジアム吹田で単独インタビューを行いました。
プロ23年間を振り返ってもらう中で何度も出てきた言葉は「サッカーを楽しむ」
それこそが長い現役生活を支えてきた遠藤選手のサッカー哲学であり、チームメイトやファンから愛されてきた彼を現す象徴的な言葉です。

懐かしいデビュー当時の映像も交えながら鉄人「ヤット」の現在を彼自身の言葉で紐解きます。