【FC大阪】GK李在根 僕を東大阪観光大使にしてください!

緊急事態宣言が続く大阪で、無期限の活動休止となっているFC大阪が、選手・スタッフの今を届けるために始まった「FC大阪TV Facebookライブ」。
第2回目は、守護神の1永井文也選手、新加入の29速水佑一郎選手と30田中大貴選手、そしてチームのムードメーカー31李在根(リ・チェグン)選手の4人のGKが登場しました。

番組の冒頭からノリノリの李在根選手はマイマイクを片手にトークを回し始め、李在根のペースで番組が進行されていきます。

どうしてゴールキーパーになったのか?という質問に対し李在根選手は、元々サイドバックとかボランチをやっていたけど、めっちゃ走るしめっちゃ怒られるから走らないポジションを希望したらゴールキーパーになったと説明。
田中大貴選手が「小学校の時は失点したらキーパーのせいにされるのが嫌だった」と答え、キーパーあるあるだと一同がうなずくと、李在根選手は「キーパーになるまでは言ってた自分を今しばきたい」と振り返っていました。

東大阪応援プロジェクト「#FC大阪 #東大阪が好き」の話題となると、東大阪生まれ東大阪育ちの李在根選手の東大阪愛が爆発!

「ランチとかでゆうじさん(お魚スタンドゆうじ)は海鮮をメインにして、チューハイとかハイボールが99円で飲めるんですよ。ちょこっとさんは立ち飲み屋で始めたんですけど、今はパイプ椅子で座ってゆっくりできるようになって、アットホーム感がある居酒屋さんになってまして・・・」と、お勧めの店が紹介が次々と飛び出します。

さらに、コロナシーズンが終わったら僕がお店に行って取材とか撮影をする「チェグン散歩」をやってみたいと提案。ぜひ東大阪観光大使にしてください!と何度も呼びかけていました。

ファン・サポーターへのメッセージ



GK29速水佑一郎選手
コロナとかいろいろと今年大変ですけど、サッカーだけに限らず、一緒にがんばっていきましょう!

GK30田中大貴選手
いつから始まると言う目処が立っていない中、日本がすごく大変な状況でJリーグも開幕がされず、僕らの方も全くなので。再開された時にいい準備をしておく必要がありますし、皆様の応援が僕らの力になりますので、足を運んでいただける環境になれば足を運んでいただいて、しっかりと応援していただければ僕たちは大変助かりますので、応援よろしくお願いします。

GK31李在根(リ・チェグン)選手
コロナシーズンで非常に厳しい環境になっていると思うんですけど、僕たちは僕たちでやれることをやっていきますので、引き続き応援していただければ、僕たちの活躍につながっていくと思うので、僕たち一つになって、ファン、選手、スタッフ一丸になって今年を乗り越えて、来年、再来年と最高のチームを作っていきましょう!

GK1永井文也選手
大変な時期だと思うんですけど、みんなで乗り越えて、試合会場とか練習場で会えれば嬉しく思うので、その時はよろしくお願いします!

FC大阪TV Facebookライブについては、FC大阪公式Facebookをご確認ください。