【ガンバ大阪】7/4 再開戦“大阪ダービー”へ向け準備着々!

全体練習再開から3週間が経ったガンバ大阪。



先週土曜日に行った練習試合では、守備面に手応えがあったという宮本監督。
その一方で攻撃面では課題を残す内容だったと語り、今週は攻撃面に重点を置いてトレーニングを重ねてきました。




練習後に宮本恒靖監督、井手口陽介選手と右肩の怪我から復帰したキム・ヨングォン選手がリモート取材に対応しました。
ガンバ大阪は明日もトレーニングマッチを実施する予定で、7月4日の再開戦に向けて攻撃面のクオリティーを上げていきます。

宮本恒靖監督 インタビュー



Q.先週からトレーニングマッチも始まりましたが今のチーム状況は?
トレーニングマッチの日もそこまで暑くなくて、連動した守備は体力が続く限りできたと感じていますしいい形でボールを奪ってゴールに迫るシーンも見られましたし、守備面ではたくさん収穫があった試合でした。ただ、攻撃面でもう少しチャンスの数を増やしたい。それを踏まえて今週は練習をしています。

Q.開幕に向けては?
2カ月ほどサッカーから離れてい選手たちの試合の感覚、セットプレーの対応、試合を読む力であったり、試合の入りを大事にしたり、試合の始まりと終わりの5分間であったり、その感覚の部分は戻っていない印象があるので、そこの部分を強調する必要があると思います、あとは90分プレーできるコンディションに持っていく。戦術的なところはある程度整理できているので、あとはいかにチャンスを作れるか。攻撃の最後の部分を高めていきたい。

Q.レギュラー選手ではない選手たちのアピールはどうですか?
チャンスを掴みたい気持ちは感じましたし、そういったアピールがあってチーム内の競争も高まると思うので、普段の練習から期待してきたいです。

Q.クラブがファンの応援パネルを掲げるという案もありますが?
よりよい環境でチームが試合を迎えられる環境を考えてもらって作ってもらっていることは感謝しかないです。いまコロナウイルスの影響でJリーグ全体、スポーツ界難しい局面がありますけど、みんなで手を取り合って難局を乗り越えていくそういった気持ちを持って今シーズンを乗り越えていきたいと思っています

Q.きょうはプロ野球も開幕しますが、そこの動きは注目されていますか?
同じプロスポーツとしてどういった取り組みをしているのか、どういうものが画面を通じて伝わってくるか、注目をしていますし、試合を終えて出されるであろう各コメントに注視していきたいです。

Q.明日も練習試合が予定されていると思いますが選手の出場時間についてはどれくらいを想定しているのかと、試合で求めていくものを教えてください
出場時間は出来る限り、90分の時間を選手に経験させたいですし、トライしたい内容は今週トレーニングしてきた攻撃面でいろんなパターンを出せるか、いくつチャンスを作れるか?得点につなげられるかを見ていきたいです。

MF15 井手口陽介選手 インタビュー

Q.全体練習が始まって3週間、現状の感覚は?
自主トレをしていたと言っても、走ることしか出来ていなかったので、みんなとやれて最初は足にボールもつかないことがあったが、徐々に慣れてきて、コンディションもいい感じです。

Q.この自粛期間でサッカーに対する想いは?
みんなでボールを蹴るのは楽しいなと思ったし、サッカーができることが本当に幸せなんだなと改めて感じました。(自宅では)ランニングはOK出ていたので、午前中はランニングをして、昼からは家族と過ごす時間が多かったです。

Q.練習が始まって体の変化は感じましたか?
変化というか最初の週よりも2週目のほうが戻ってきている感覚がありますし、2週目よりも3週目のほうがもっともっと良くなっていると感じます。

Q.宮本監督はトレーニングマッチで守備面の手応えと攻撃の課題を感じたと言っていたが?
先週のゲームではチームとして守備のところはいい部分があったけど、攻撃部分はチームとして目標としている形はあまり出なかったと思います

Q.再開戦の大阪―ダービーへの思いは?
無観客で難しい状況だと思いますが、ダービーは特別ですし、ホームなので絶対に負けられないです。

Q.どんなプレーをしたいですか?
攻守で存在感を出したいですし、チームのコンセプトでもある前からボールを奪うことが出来ればと思います

Q.今シーズンの目標を聞かせて下さい
チームとしては優勝することが目標ですし、個人の目標は過密日程のシーズンになると思いますが怪我をせずに毎試合しっかりチームに貢献できればいいかなと思います

Q.今シーズン新たに取り組みたいことはありますか?
昨年は守備での手応えはありましたが、攻撃では物足りない部分があるので、攻撃の質を高めていきたいと思います。(Q数字で表すとすれば?)5得点5アシストです。

<井手口陽介 Ideguchi Yosuke プロフィール>

1996年8月23日生まれ
23歳
福岡県福岡市出身 
身長/体重 171cm/71kg
2016リオ五輪代表

DF19 キム ヨングォン選手 インタビュー

Q.今のコンディションはいかがですか?
コンディションはとてもよくて、2カ月以上の長い休みがあって、練習再開したときはしんどい部分もあったが、だんだん慣れてきていい感じです。

Q.休み期間中は何かされていましたか?また怪我(右肩亜脱臼)の影響はいかがですか?
休み期間はコロナで何もできず、家にいたり、スーパーに買い物に少し行ったくらいです。怪我については完全に回復しました。

Q.先週の練習試合の手応えは?
試合をしてみて、試合後の疲れは無く、フィジカル面で上がってきていると実感できました。試合をする中で、周りとのコンビネーションが出来なかった部分はあるが、それは長いことチーム練習ができていなかった部分なので、今までやってきたことなので練習を重ねればその部分も大丈夫だと思っています。

Q.宮本監督も評価していた守備面はいかがでしたか?
チームにとって守備が大きい課題であり重要な部分になると思う。DF陣だけでなくて、前の攻撃選手も守備から入る意識を今言われているので、前と後ろの選手が合わせていけたらと思います

Q.センターバックで新加入した昌子選手についての印象は?
試合で一緒には出れていないが練習中のプレーを見ているとヨーロッパでのプレー、ワールドカップの経験も生かされていてリーダーシップもある選手です。

Q.ヨングォン選手、昌子選手、三浦選手のDF陣はかなり期待がかかっていますが?
期待はとても感じていますし、代表級の3人が揃っているので、それに見合うプレーをしないといけないですし、プレッシャーもあるが、代表で出ているというのもあるので跳ね返すくらい期待に応えたいです。

Q.7/4の大阪ダービーに向けて
再開1試合目がダービーになりましたが、ダービーは選手、スタッフ含めて全員が大切な試合になるとわかっているので、必ず勝って、次の試合からも結果が付いてくると思うので、まずは再開戦のダービーでしっかり勝ちたいと思います。

キム ヨングォン Kim Young Gwon プロフィール

1990年2月27日生まれ 30歳 
大韓民国出身 
身長/体重 186cm/74kg

2018年FIFAロシアワールドカップ 韓国代表



▶︎ ガンバ大阪に関するそのほかの記事はこちら!