【FC大阪ハイライト】ルーキー江郷下の2試合連続ゴールで劇的勝利!

中3日で迎えたホームゲーム3連戦の3試合目。
FC大阪は出場停止になったFW7木匠に替わりFW21久保田をスタメンで起用。
それ以外は23日(水)と同じメンバーで松江シティFC戦に臨みました。

前節との変更点はFW21久保田がスタメン出場のみ

前節のホンダロックSC戦の勝利の勢いを継続したいと、右こめかみを4針縫いながらピッチに立ったFW18横野は、怪我の不安がありながらもヘディングでのプレーを恐れずに、果敢にボールにチャレンジしていきます。
いつも以上にヘディングでのプレーが多かったFW横野

立ち上がりこそ一進一退の攻防となったこの試合ですが、時間が経過するにつれFC大阪が攻撃を仕掛ける時間が増えます。
31分、右サイドからのボールを久保田が繋ぎ、FW14須ノ又のシュートでゴールネット揺らすものの、これは惜しくもオフサイド。
さらに42分にも右サイドから久保田がゴール前に切り込みシュートを放つものの、キーパー正面。
両チーム得点することができず、前半を0-0で折り返します。
ハーフタイムには梅花女子大チアリーディングチーム(RAIDERS)のパフォーマンス

後半に入ってもゲームの主導権を握るのはFC大阪は、52分、53分、57分と次々に得点チャンスをつくりますが、粘り強い守備を見せる松江の前に得点とはなりません。

先に交代のカードを切ったFC大阪はFW9塚田、川FW11西、MF10水野と攻撃的な選手を投入しますが、決定的なシーンを作ることができません。
気迫のプレーでゴールを狙う37歳ベテラン塚田

このままスコアレスドローかと思われた後半アディショナルタイム。
中央でMF45齊藤がゴール前にボールを上げると、塚田がヘディングシュート。このシュートはクロスバーに弾かれますが、このボールをMF41江郷下がダイビングヘッドで押し込み、先制ゴール!そして、この得点とともに試合終了のホイッスルが響いたホーム服部陸上競技場。
FC大阪はルーキー江郷下の2試合連続となる劇的なゴールで見事に今季4度目の連勝。勝ち点を33に伸ばし、順位を8位に押し上げました。。
2試合連続ゴールは劇的な決勝ゴール

勝利監督インタビュー
和田治雄 監督

2試合連続ゴールが劇的な決勝点!
MF41 江郷下奨 選手

古巣相手に体を張ったプレーで勝利に貢献!
DF6 舘野俊祐 選手

こめかみを4針ホチキスで留めながらの執念のプレー
FW18 横野純貴 選手

劇的決勝ゴールをアシスト!本当は自分で決めたかった!!
FW9 塚田卓 選手

次回のあすリートチャンネルLIVE配信は
11/10(日) 13:00 KO 奈良クラブ vs FC大阪 @ならでんフィールド

あすリートチャンネルでは、初のアウェイゲームをライブ配信いたします。
ぜひスタジアムで、スマホ片手に応援しましょう!