福岡男子、守備から流れ最多6度目V

◆報知新聞社主催 JOCジュニアオリンピックカップ 第32回全国都道府県対抗 中学バレーボール大会最終日
▽男子決勝 福岡2(17―25、25―23、25―23)1長崎(28日・丸善インテックアリーナ大阪)


男子決勝 福岡vs長崎の試合動画はこちら


 男女決勝が行われ、女子は東京が福岡を2―0で下し、12大会ぶり9度目の優勝を飾った。11月にけがで不出場を余儀なくされた林千愛(ちえ)と同じポジションのエース・樋口友梨(ともに3年)がチーム2位の8得点で、勝利に貢献した。男子は福岡が長崎を2―1で下し、6大会ぶり6度目の優勝。男子最優秀選手(JOC杯)は香川の牧大晃(3年)、女子最優秀選手(JVA杯)は鹿児島の古川愛梨(2年)が選ばれた。

 福岡は九州勢対決を制し、男子最多となる6度目V。決勝で敗れた女子チームの無念を晴らした。序盤は長崎のエース入来に翻弄されたが、第2セットからブロックの強い山田美雄(3年)を入来とマッチアップさせる作戦が奏功。守備から流れを引き寄せた。「自分たちのバレーができた」と山田。相部保彦監督(38)も「女子の監督からも『頑張れ』と言われていた。県勢として結果を残せて良かった」と声を弾ませた。



(写真)葭原主将を胴上げして喜ぶ福岡選抜