197
   2018年7月21日放送
 

【陸上 走幅跳】 高良彩花「インターハイ 3連覇を目指す!」

<プロフィール> 高良彩花(こうら あやか)
☆2001年3月22日生 17歳 
☆身長157cm 体重58㎏
☆兵庫県西宮市 出身 西宮浜中学~園田学園高校
☆走り幅跳び 自己ベスト6m44(U20日本タイ記録、高校日本タイ記録)
☆好きな映画 ハリー・ポッター

<主な成績>
2017年 日本選手権   優勝 ※23年ぶりの女子高生チャンピオン(当時16歳)
2017年 全国高校総体  優勝 2連覇!
2017年 えひめ国体   優勝
2018年 日本選手権   優勝 2連覇!
2018年 U20世界陸上(フィンランド) 銀メダル!

今回のアスリートは

日本一の幅跳びガール


兵庫県尼崎市にある園田学園高校3年生の高良彩花選手を紹介します。



中学時代に全国優勝。高校に進学してからもインターハイで2連覇中。
今年6月に開催された陸上日本選手権でもなんと高校生で日本選手権2連覇達成!
いま、乗りに乗るアスリートなんです!

常に目標を立てて、1つ1つ確実にクリアーし続ける高良選手。
笑顔とびっきり、キラキラの17歳、彼女の魅力をご紹介します。

身長157cm、小さな彼女が6月のアジアジュニア陸上選手権で見せた大ジャンプ。
この跳躍の動画はこちら ⇒ https://ytv-athlete.jp/athletics/2867

高校歴代トップに並ぶ6m44の跳躍で金メダルに輝くと…
続く2週間後の日本選手権でも年上の選手たちをおさえ、高校生で2連覇達成!





髙良彩花「一番は試合で勝つことの楽しさが・・好きです。
         (助走の直前は)よっしゃ、見られてるぞ! という気持ちで跳んでます」







尼崎にある園田学園高校、髙良さんは陸上部のキャプテンです。





高良選手の目下のターゲットは高校3連覇、
1年の時から全国優勝している8月の高校総体(インターハイ)です。  



高良さんは専門の幅跳びの他にもハードル競技にも取り組み、近畿大会で2位に入る実力。
小柄ながら瞬発力、跳躍力、センス、総合的な運動能力が高いです。



髙良彩花
「踏切が似ているという面があったり、ハードルができることによって幅跳びにつながる面がいっぱいあるので、
 それでハードルもやっています。」




中学生の時のコーチは彼女をしっかり者と評します。



小学4年生から通っていた地元西宮の陸上クラブ。
当時、彼女を指導していた元日本代表の荒川大輔ヘッドコーチによると・・・



荒川コーチ
     「(中学生の高良選手は)目標を毎日立てて実行する子でした。
       ノートに練習記録を書いてもらってたんですけど、
       びっしりマスに埋めて持ってくるプラス質問まで持ってくる。
       しっかり物事と向き合える中学生でしたね。」








17歳 進化が止まらない!



常に目標を持ち、有言実行の高良選手。
インタビューで話してくれた目標を次々と達成、それどころか…!
たとえば、日本選手権の前には…
髙良彩花「日本選手権で連覇がかかっているので、そこでしっかり優勝できるように頑張りたい」



2週間後の日本選手権では、宣言通り2連破達成!
さらには…
髙良彩花「世界ジュニア選手権は初めての世界大会なんですけど世界8位以内、入賞を目標にしていてます。」






8位どころか世界で2番、銀メダルを獲得、進化がとまりません!

髙良彩花「将来的には世界陸上だったり、オリンピックを狙えるような選手になれたらいい」




ノンストップで成長する17歳、

その先の未来へ、飛び越えろアヤカ!