【FC大阪】ハイライト 阪奈ダービーに敗れ、今季初黒星

ヤンマースタジアム長居で行われたJFL第7節、奈良クラブとの阪奈ダービー。

関西リーグから戦ってきたライバルチームとして絶対に負けたくない相手と気合の入る一戦は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いが続きます。

試合が動いたのは、44分。
ゴール前のクリアボールが奈良・山田選手の足元に収まり、技ありのループシュートで先制を許してしまいます。

1点ビハインドとなったFC大阪はハーフタイムに守備の意識を再確認、後半に入り前線からの積極的なプレスからカウンターを仕掛け、試合の主導権を握ります。

圧倒的にボールを支配したFC大阪は、再三のチャンスを作るもののゴールネットを揺らすことができず、そのまま試合終了。今季初黒星となってしまいました。

来週12日は天皇杯出場をかけた大阪サッカー選手決勝です。
今日の敗戦をしっかりと分析して、気持ちをを切り替えて臨んでほしいと思います。

試合後のFC大阪 和田治雄監督のコメントはこちら▼

Q.今日の試合を振り返って
A.こちらの思ったような展開には残念ながらならなかった。

Q.前半44分の失点で、ハーフタイムにはどういうことを伝えたのか?
A.暑さなのか精神的な部分なのかわからないけど、ちょっと引きすぎていたところがって、もうちょっと前に出ていくということは全員で確認しました。

Q.後半に入って、積極的な守備が見えて、攻撃もFC大阪に流れがあったと思うが?
A.これは今のチームの問題だと思うんですけど、相手が下がった時にどう崩すかというところ、どう攻撃するかというところで、ちょっと問題があるので。そういう部分で今日の試合はやられたと思います。

Q.ここまで負けなしできていましたが、この1敗を次に繋げるためにはどのように考えていますか?
A.まずは何が起きたのかをしっかりと分析すること。その上で、どういう風にこの試合を捉えるかということが大事だと思います。どういう風に次に繋げるようにものを考えられるかがというところが一番大事かと思います。

Q.来週は天皇杯出場をかけた戦いがあります。次に向けて。
A.リーグ戦と違って、次は負けたら大会が終わってしまうので、何としても優勝して終えるということが大事だともいます。今日は負けましたけど、手を抜いたとか、試合の中での選手はいなかったと思いますし、そういう選手の姿勢がある限りは必ずいい状態に戻ると思いますので、そのきっかけとしたいなとは思います。

あすリートチャンネルでは、今シーズンのFC大阪の全ホームゲームをライブ配信いたします。

 

次回のホームゲームは、
5月18日(土)13:00 FC大阪 vs 大分 @花園中央公園多目的球技広場

クラブ史上初のホームタウン東大阪・花園でのホームゲームです!
ぜひスタジアムを満員にしてFC大阪を応援しましょう!