【JOC都道府県対抗中学バレー】女子予選初日 広島、強豪 鹿児島にストレート勝ち、山形も熱戦を制し予選2位で決勝T進出

注目選手でご紹介したチームの予選初日の戦いをピックアップ。

あすリートチャンネルでは12月28日の女子・男子の決勝戦の模様をライブ配信!

まずは、今大会「NO.1の到達点」を誇る廣田あい選手率いる東京選抜は予選で1セットも落とすことなく2連勝スタート!堂々のグループ首位通過を決めました。
また昨年王者の大阪北も2連勝で危なげなく予選首位通過。

一方、亀井美子キャプテン要する山形選抜は予選1試合目で昨年の準優勝・熊本選抜と対戦。
第1セット。一時は大きくリードを奪いますがデュースの末、第1セットを落とすと、そのまま次のセットも取られ黒星スタートとなります。
後がなくなった山形選抜の2試合目の相手は岐阜選抜。
第3セットまでもつれこんだ熱戦は終盤で亀井キャプテンが勝利を手繰り寄せる連続得点でなんとか勝利をおさめ、予選2位で明日のトーナメント進出を決めました。



そして、予選グループ屈指の好カードとなったのが、広島選抜対鹿児島選抜の一戦。
互いに1勝ずつで迎え首位通過をかけた一戦は、165cmの小さな体ながら並外れたバネを持つ広島選抜・光広選手が大活躍を見せます。
鹿児島選抜の180cmを超える飯山選手や古川選手らの高い壁にも臆することなく次々とスパイクを決めます。
また広島選抜は素早いコンビネーションから得点を重ねるなど強豪・鹿児島に圧巻のストレート勝ち!
広島選抜が首位で予選を突破しました。



明日からはいよいよ32チームのトーナメント戦が始まり、優勝を目指した熱い戦いが続きます。