【JOC都道府県対抗中学バレー大会】頂点をめざす金の卵たち〜女子注目選手〜

 今年で31回目を迎えたJOCジュニアオリンピックカップ全国都道府県対抗中学バレーボール大会。
将来日本のバレーボール界を担う中学生選手の発掘と育成と目的に大会が設立され、各都道府県の選ばれた選手たちが一堂に会し、シーズンの集大成として頂点を争う。
 この大会を経たのち「春高バレー」で活躍する選手や、日本を代表して世界へ羽ばたく選手も数多く、将来を有望視されるバレーボーラーの祭典ともいえる。

その中で、今大会の女子の注目選手を紹介する。

◯平ヴィヴィアンチディンマ 岩手県代表 3年 184cm ミドルブロッカー
184.4cmという長身を活かし、高い地点からの攻撃を得意とする彼女の今大会の目標は、自らリーダーシップを発揮してチームを優勝へ導く事。二回目の選抜、最終学年となる今年、大きな期待がかかる。

◯室岡莉乃 (むろおか・りの) 福岡県代表 3年 162cm ウイングスパイカー
小柄ながらも最高到達点295cmという記録を持ち、素晴らしい跳躍力を誇る。跳躍力と迫力のある攻撃力に注目。

◯王櫻索(わん・いんいん) 山口県代表 3年 185cm ウイングスパイカー
今大会最高身長を活かした迫力ある攻撃が持ち味。優勝を目指し日々切磋琢磨すると共に〝バレーボールが好き〟だという競技に対する純粋な気持ちを大切にする真摯な姿勢も彼女の最大の魅力。

◯大川愛海(おおかわ・あいみ) 東京都代表 3年 173cm レフト
個性豊かなチームを最年長としてしっかり牽引し、優勝へ導く事が今大会の目標。自らの意志で頭を丸め、優勝への道を邁進する彼女の大きな活躍が期待される。

◯樫村まどか(かしむら・まどか) 茨城県代表 3年 185cm ミドルブロッカー
最終学年としてチームを牽引し、チーム上位入賞への貢献が期待される。目標とするのは木村沙織選手。長身を活かしたパワフルな攻撃でチームを引っ張る。